仕事と資産作り

仕事と資産作り

フリーランスで働く場合のデメリットや注意点

フリーランスには、定年もなく自分のスキルを生かして自由に働けるというメリットがありますが、必ずしも良い面ばかりではありません。フリーランスで働く場合のデメリットや注意点がいくつかあるので、よく考慮した上で働き方を選ぶようにしましょう。
仕事と資産作り

フリーランスに向いている職種や仕事には何がある?

フリーランスの仕事は数多くの種類がありますが、その中でも特に人気が高く今後もニーズが見込める職種や仕事をご紹介しています。長くフリーランスを続けるなら、経験を積むほどスキルがアップし、収入のアップも期待できる仕事を選ぶようにしましょう。
仕事と資産作り

フリーランスなら定年退職後も働くことができる

近年、フリーランスで働く人が急増しています。副業の推進や働き方の多様化など色々な要因がありますが、フリーランスとして働けるスキルを身に付けておけば、定年退職後も在宅で働くことができます。
スポンサーリンク
仕事と資産作り

低資金で自宅で開業できる仕事には何がある?

今後の人生を充実させるために、50代・60代から独立開業することもできます。低資金で自宅で開業できる仕事が豊富にあるので、得意な事・やってみたい事がある方は検討してみてください。
仕事と資産作り

50代・60代から始められる在宅ワークの種類

パソコンなどの情報通信機器を活用して自宅で仕事をする「在宅ワーク」が注目を集めていますが、50代・60代から始められる在宅ワークも数多くあります。手作業の内職に比べると報酬額は高めですが、パソコン関連の知識や専門的なスキルがあれば、より高収入が期待できます。
仕事と資産作り

高齢になってもできる内職の種類と内職の探し方

近年、家に居ながら好きな時間に仕事ができる「内職」が人気になっています。大きな収入は見込めませんが、仕事をしているという充実感が生き生きとした人生につながります。体に負担がかからず単純作業の多い内職は、高齢になってもできるものが数多くあります。
仕事と資産作り

家でできる仕事「テレワーク」「内職」「在宅ワーク」はどう違う?

インターネットの普及とコロナ禍の影響で、家で仕事をする人が一気に増えました。テレワーク・内職・在宅ワークは、いずれも家で行う仕事の形態ですが、どう違うのかを明確にしておきましょう。
仕事と資産作り

テレワークができる環境を整えておこう

コロナ禍をきっかけに、多くの企業がテレワークを導入していますが、この流れは働く50代・60代の方にとっても無視できなくなってきました。これをきっかけに、テレワークができる環境を整えてみませんか?
仕事と資産作り

60代からのシニア起業が増加・その要因は?

近年、若い世代に限らず50歳以上の年齢で起業する「シニア起業」が、増加傾向にあります。シニア起業は開業資金があまりかからないスモールビジネスが中心ですが、充実したセカンドライフにもつながり、今後益々増加することが予想されます。
仕事と資産作り

定年後の独立起業を成功させるためのポイント

定年退職後の人生を、より豊かな価値あるものにするためには、独立起業も選択肢のひとつです。令和時代の今、実際に60代以上のシニア起業が年々増えていますが、成功させるためにはいくつかのポイントがあります。
タイトルとURLをコピーしました