仕事と資産作り

仕事と資産作り

家でできる仕事「テレワーク」「内職」「在宅ワーク」はどう違う?

インターネットの普及とコロナ禍の影響で、家で仕事をする人が一気に増えました。テレワーク・内職・在宅ワークは、いずれも家で行う仕事の形態ですが、どう違うのかを明確にしておきましょう。
仕事と資産作り

テレワークができる環境を整えておこう

コロナ禍をきっかけに、多くの企業がテレワークを導入していますが、この流れは働く50代・60代の方にとっても無視できなくなってきました。これをきっかけに、テレワークができる環境を整えてみませんか?
仕事と資産作り

60代からのシニア起業が増加・その要因は?

近年、若い世代に限らず50歳以上の年齢で起業する「シニア起業」が、増加傾向にあります。シニア起業は開業資金があまりかからないスモールビジネスが中心ですが、充実したセカンドライフにもつながり、今後益々増加することが予想されます。
仕事と資産作り

定年後の独立起業を成功させるためのポイント

定年退職後の人生を、より豊かな価値あるものにするためには、独立起業も選択肢のひとつです。令和時代の今、実際に60代以上のシニア起業が年々増えていますが、成功させるためにはいくつかのポイントがあります。
仕事と資産作り

50代・60代からの独立に役立つ国家資格の種類

50代・60代から、独立開業を目指したり、フリーランスとして活躍したい方にとって国家資格は大きな武器になります。国家資格の取得者は、優れた技術や知識を有していることを国によって認定・保障されているからです。
仕事と資産作り

定年後の仕事は50代のうちから方向性を決めて準備を!

定年後も仕事をする場合、50代のうちからある程度の準備をしておくことが豊かな老後につながります。刻々と変化する社会情勢を見極めつつ、どのような仕事をして行ったら良いか、方向性だけでも決めておきましょう。
仕事と資産作り

何歳まで働くかは自分で決めよう

一昔前までは60歳の定年まで働き、その後は好きなことをして老後を過ごすという人が大半でした。しかし、人生100年時代と言われる昨今では、年金の支給が開始される65歳まで働く人や70歳まで働く人、80歳まで働く人、生涯現役で働く人など、人によりさまざまです。
タイトルとURLをコピーしました