生き方・ライフスタイル

生き方・ライフスタイル

還暦祝いに赤いちゃんちゃんこは喜ばれない?

還暦祝いの贈り物として、赤いちゃんちゃんこが定番となっていますが、昨今の60歳の人は赤いちゃんちゃんこを敬遠する人が増えているようです。誰かに贈る場合、赤いちゃんちゃんこは喜ばれないかもしれないことを念頭に置いておきましょう。
生き方・ライフスタイル

還暦の意味と別の言い方は?

60歳が近付くと、周囲から「そろそろ還暦だね」などと言われますが、還暦とはどういう意味なのでしょう。実際に60歳になって還暦を迎えた時、単純に喜んでいいものかどうか迷いますが、新しい人生のスタートとしてできる限り前向きに捉えたいですね。
生き方・ライフスタイル

地方移住を成功させるためのポイント

地方移住を成功させるためには、情報収集などの事前準備が何よりも大切です。移住してから後悔しないためにも、候補地選定は慎重に行い、何度か現地を訪問してみたり、可能なら「短期滞在」や「おためし移住」をしてみましょう。
スポンサーリンク
生き方・ライフスタイル

50代・60代からの地方移住のメリットとデメリット

自然が好きな人にとって、老後の田舎暮らしは憧れに近いものがあります。しかし、50代・60代からの地方移住にはメリットもあればデメリットもあることをきちんと把握しておきましょう。
生き方・ライフスタイル

50代からのライフスタイル・作り方のポイント

ライフスタイルとは、人生観・価値観・習慣・生活様式などを含む個人の生き方を指しますが、50代からの人生を豊かなものにするには、自分なりのライフスタイルを持つことが大切です。
生き方・ライフスタイル

人生の折り返し地点はどこにある?

50代、60代になると「人生の折り返し地点」が気になります。人生100年時代の今、「人生の折り返し地点は50歳だろうか?」、或いは「もう過ぎたのだろうか?」などと考えてしまいます。しかし、人生はどこかで折り返して元に戻って来るというわけではないので、「人生の折り返し地点は存在しない」というのが当サイトのスタンスです。
生き方・ライフスタイル

第二の人生はどこで暮らすかを決めておく

第二の人生を実りある豊かなものにするために、将来はどこで暮らすかを決めておくのも大切です。現在の場所、現在の家でそのまま暮らすのも一つの選択ですが、家族関係の変化や生活資金の問題、健康問題などを総合的に考慮して、住む場所を決めておきましょう。
生き方・ライフスタイル

豊かな70代以降の人生を過ごすための生活費を確保しておこう

50代・60代のうちから確保しておきたいのは、70代以降の人生をゆとりある豊かなものにするための生活費です。年金収入だけで足りれば問題ありませんが、不足することが予想される場合は、その不足分をどのようにカバーしたらよいか、色々な方法を検討し早めに対策をとっておきましょう。
生き方・ライフスタイル

50代・60代以上を何て呼ぶ?年齢による世代の呼び方

50代・60代以上の世代を呼ぶ場合、中高年とかミドルエイジとかシニアとか色々ありますが、時代によって微妙に変化して来ています。さすがに「老人」とか「お年寄り」といった言葉は似合いませんが、50代・60代で「シニア」と呼ばれてもピンと来ない人も増えています。
生き方・ライフスタイル

自分なりのライフスタイルを確立しよう

今までは、生活のため、家族のため、そして仕事のためと、必死に生きて来た方も、後半の人生を豊かなものにするために、1度立ち止まってみてください。そして50代からは、自分が中心の人生へと舵を切りましょう。
タイトルとURLをコピーしました