50代・60代男性のファッション選びのポイント

50代・60代男性の場合、まずはファッションに興味・関心を持つことが選び方の最大のポイントになります。

女性に比べ、ファッションアイテムは少なめですが、若々しいコーディネートを楽しむ男性が増えています。

ファッションに興味・関心を持つ

今まで仕事一筋だったという50代・60代男性の場合、ファッションには殆ど興味や関心がなかったという人が多いのも事実です。

平日はビジネススーツか作業着、そして休日はポロシャツやTシャツにパンツといった組み合わせがあれば間に合ってしまうので、ファッションアイテムを揃える必要もなかったかもしれません。

しかし、後半の人生を存分に楽しむためには、ファッションは重要な要素です。

常識にとらわれず、好みのファッションに挑戦して、新しい自分を発見しましょう。

 

ビジネス系とカジュアル系

男性のファッションは、仕事関連のビジネス系とそれ以外のカジュアル系に大きく分けられます。冠婚葬祭のフォーマルスーツは、ビジネス系の延長と考えてよいかもしれません。

ビジネス系のファッションは、ある程度パターンが決まっているため、個性を出すならネクタイやベルト、靴下、腕時計などのファッション小物に限られます。

一方、オフタイムでのカジュアル系ファッションは、自分の好みで自由に選ぶことができます。

50代・60代になると、ダークトーンやモノトーン系のファッションアイテムを選ぶ傾向がありますが、時には赤やオレンジ、黄など明るい色のトップスを組み合わせてみましょう。

シャツも、無地ばかりではなく、ストライプやチェック、その他の柄の入ったものを着用すると全体的に若々しい印象になります。

 

ベーシックアイテムは上質なものを

ベーシックアイテムとは、ファッションの「基本アイテム」「着まわしの利く定番アイテム」のことですが、できるだけ上質なものを選んでおくのがポイントです。

男性の場合、「スーツ」「ジャケット」「シャツ」「パンツ」「コート」「靴」などがベーシックアイテムになりますが、このようなアイテムは流行に関係なく長く愛用できるものを選んでおきましょう。

色やデザインもシンプルで、柄のないものを選んでおけば、組み合わせ次第で色々な着こなしができ、それだけでも上質ファッションになります。

ベーシックアイテムを基に、ストライプのシャツやロゴ入りのTシャツを組み合わせてみたり、カーディガンやベストを羽織ってみたりと、工夫次第で色々なファッションを楽しむことができます。

 

清潔感を重視する

50代・60代男性のファッションで、清潔感を無視してしまった場合、どんなに若々しいコーディネートをしても、「ダサい」「おじさん臭い」となってしまいます。

特に加齢臭には注意しなければならない年代なので、オフタイムであってもスッキリとした着こなしを意識しましょう。

最も清潔感を感じさせる色は「白」ですが、白い綿シャツや、ポロシャツ、ジャケットなど、ファッションのどこかに白を入れることにより、爽やかな印象になります。

また、ヘアスタイルも重要です。
伸び放題のボサボサ髪ではなく、ショートでスッキリまとめたほうが、若々しく清潔な感じになります。

 

こだわりのファッション小物を

50代・60代男性の多くは、「生き方」に対して自分なりのポリシーを持っています。
そして、そのポリシーを大切にする人ほど、ファッション小物の選び方にもこだわります。

腕時計の選び方ひとつをとっても、アナログ時計が好きな人、デジタル時計が好きな人、国産メーカーにこだわる人、海外のブランド品にこだわる人など、それぞれ異なります。

帽子や財布、靴などのファッション小物も、素材や質感、機能性、耐久性などを十分に吟味して選ばれたものは、その人の個性や魅力が自然に表現されています。

総じて、こだわりを持って選んだファッション小物ほど、長く愛着を持って使うことができます。

タイトルとURLをコピーしました