実りある人生を楽しむためのファッションとは?

自分らしいファッションを楽しむことは、人生を楽しむことにもつながります。

50代・60代からは、今までの習慣や常識にとらわれず、もっと自由にのびのびと日々のおしゃれを楽しみましょう。

50代・60代のファッション選びのポイント

ミドルエイジからシニア世代のファッション選びのポイントとして、次のようなことがあげられます。

自由・解放感

一昔前に比べ、10歳も20歳も若いと言われる現代の50代・60代。
ファッションもまた、見違えるほどに若々しくアクティブなものが選ばれるようになって来ました。

以前の日本では、大人として充実期にある50代・60代は、過度に自己主張せず落ち着いた控えめな印象のものが好まれていたのです。

しかし、平均寿命が延び70代になっても、80代になっても現役で仕事をバリバリこなす人が増えた現代、50代・60代で落ち着くには早すぎます。

また、多様化の時代と言われる昨今、個性が尊重され、どのようなものを見に着けていても偏見の目で見られることはなくなりました。

年齢にとらわれることなく、「着たいものを着る」といった「自由と解放感」が令和時代のファッションの特徴と言えます。

着心地優先

「着心地」は、ファッションを選ぶ際のとても重要な要素です。
どんなに豪華なファッションでも、着心地がよくなければ、苦痛になってしまうからです。

インナーの場合でも、肌を刺激する素材、体の一部を締め付けるデザインのものは避けたほうが無難です。

50代・60代になると、体型が微妙に変化してきますが、それに合わせて楽に着用できるもの、素材は素肌に触れたときに心地よく感じられるものを選べば、着心地の良いファッションを楽しめます。

また、変に野暮ったくならないよう、ほどよくトレンドを取り入れるようにすると、若々しいファッションになります。

清潔感は重要

ミドル世代からシニア世代のファッションで「ダサい」と感じる原因のひとつが「清潔感」です。

何日も洗っていないシャツやジャケット、汚れがついたままの靴など、近くに寄ると「加齢臭」がするのでは?と思わせるようなファッションは、若い世代にも敬遠されます。

ラフな普段着であっても、きちんと洗濯が行き届き、清潔感が漂うファッションは、それだけで素敵です。

また、ヘアスタイルにも気を配ってください。白髪交じりのボサボサ髪は、自由でワイルドなイメージがあり似合う人もいますが、一歩間違えると不潔っぽいイメージにもなります。

まったく染めないグレイヘアであっても、きちんとセットされていれば、清潔で上品なイメージになります。

色の組み合わせ

以前はグレー系や茶系など地味めな色合いが選ばれた50代・60代のファッションですが、近年はピンクやイエローなど明るい色合いのものが、どんどん取り入れられています。

しかし、若さを強調しようとして、赤・黄・緑・青などの原色ばかりを組み合わせたファッションは、奇抜な印象を与えてしまい、逆効果になってしまいます。

全体をパステルカラーや中間色でまとめ、アクセントとして鮮やかなヴィヴィッドカラーを使用すると、センスのよい着こなし方ができます。

品格を保つ

50代・60代のファッションで特に意識しておきたいのは、「いかにして品格を保つか」ということです。

ファッションには、その人の好みや生き方までもが自然に反映されますが、「品格」や「気品」が感じられる人は、それだけ豊かな人生を歩んでいると言えます。

そのような人の日々の服装は、控えめながらも地味過ぎず、時に華やかな衣装に身を包んでも派手過ぎず、またアクセサリーやバッグ、腕時計、帽子、靴などのファッション小物にも品位が感じられます。

50年、60年と生きて来たからこそ出せる「品格」は、若い世代の目標や憧れにもなります。

タイトルとURLをコピーしました